MENU

ブログ記事をリライトするタイミングとやり方は?注意点についても解説

悩む人
「ブログ記事をリライトするタイミングはいつが良いの?」
「リライトって具体的にどうやれば効果あるの?」
「リライトする時の注意点が知りたい」

とういう疑問にここではお答えしていきます。

この記事の内容

・リライトをするタイミング
・リライトすることで得られる効果
・リライトの具体的なやり方と手順
・リライトする時の注意点

この記事の信頼性

この記事を書いている僕はブログ歴は3年ほどで、最高月収は100万円以上です。企業に勤める現役のWebマーケターでもあり、SEOについては本業でも日々研究を重ねています。

ブログでアクセスをアップさせたり、売れるサイトにするためには「リライトをした方が良い」とよく言われますが、具体的に「リライトっていつ、どうやってやればいいの?」って思う方も多いと思います。

そこで、ブログ記事をリライトするタイミングや、具体的なやり方、注意点について解説をしていきます。

この記事を読むとリライトのやり方が分かるので、ぜひ最後までお読みください。

目次

リライトをするベストなタイミングは?

結論から言うと、リライトをするタイミングは記事を投稿してから1ヶ月~3ヶ月過ぎたあたりが目安です。

もっと具体的に言うと、「狙ったキーワードの検索順位に変動があったタイミング」です。

狙うキーワードやジャンルによって順位の変動に差が出るため一概には言えないのですが、ブログ記事を投稿してから順位が安定するまでにはしばらく時間がかかります。

そのため、検索順位ツールを使って定期的に検索順位をチェックし、狙っているキーワードの順位が上がってきたタイミングでリライトをするのが良いです。

例えば、「ブログ リライト 」で記事を書いた時に、以下のように順位の変動があったらリライトを行います。詳しいリライトの手順については後述します。

1ヶ月目:圏外
2ヶ月目:78位
3ヶ月目:28位←このタイミングでリライト

狙うキーワードの順位が50位以内に上がってきたら、更に順位を上げるためにリライトを行うのがおすすめです。

しばらく経っても順位が50位以下の場合は、狙うキーワードが強すぎるか記事の品質が悪い場合があり、効率を考えると順位が高くなってきているキーワードを優先的にリライトしていくのが良いです。

ブログのリライトで得られる効果とは?

次に、そもそもなぜブログ記事はリライトが必要なのか?

それは、リライトをすることで以下のような効果を得られることができるからです。

・検索順位を上げることができる
・CV率(成約率)を上げることができる

検索順位を上げることができる

リライトをすることで、以前に作成した記事の再評価がされ、検索順位を上げることが可能です。

記事は一度書けば終わりではなく、リライトを繰り返してコンテンツを改善していくことで上位表示されるようになり、アクセスアップが見込めます。

その時に重要なのは、読者の検索意図を満たした質の高い記事に改善していくことです。ただ単に追記をして文字数を増やしても順位を上げることは難しいです。

CV率(成約率)を上げることができる

ブログを運営している方の多くはアクセスを増やすことが最終目的ではなく、その先にある「収益」だと思います。

その収益をアップさせるためにはリライトが重要になってきます。アフィリエイトで売上を上げる場合、CV率(成約率)を上げなければなりません。

記事を作成しても、最初の段階では他の関連ページや成約までの導線を十分に整えることができておらず、CV率が低いページであることが多いです。

そういった記事をリライトでブラッシュアップしてあげることで、結果的にブログ収入のアップに繋がっていきます。

リライトのやり方【3ステップ】

ここからは、実際にどうやってリライトを行えばいいのか、やり方を解説していきます。

ブログ記事のリライトの手順としては、大きく分けて次の3ステップになります。

1.リライトをする記事の選定
2.リライトを行う
3.リライト後の順位チェック

ステップ1:リライトをする記事の選定

まずは、上位表示をしたい記事を選定していきます。

選ぶ基準としては以下の3つを満たす記事です。

・記事投稿後1ヶ月は経過している
・検索順位が50位以内
・上位表示させる価値がある記事

記事投稿後1ヶ月は経過している

記事を投稿してから1ヶ月くらいは検索順位が安定しないと言われています。

そのため、記事を投稿したばかりでまだ順位が不安定な記事のリライトは後回しにしましょう。1ヶ月くらい経過していて、大体順位が定まってきたものをリライトの対象にしていきます。

検索順位が50位以内

狙ったキーワードの検索順位が50位以内の記事であれば、リライトで上位表示を狙うことができます。

特に、30位以内のキーワードであれば、コンテンツを改善することで1ページ目に上げることも狙うことができるため、もう少しで上位表示が狙えそうなものを優先的に選びましょう。

逆に、50位以下だったり圏外のものは、ライバルサイトが強すぎるなど、リライトだけでは上位表示が難しい可能性が高いため、リライトの対象にはしません。

検索順位を調べる時はGRCなど、検索順位チェックツールを使うと調べやすいです。

上位表示させる価値がある記事

記事には上位表示させる価値があるものと、そうでないものがあります。

上位表示させる価値がある記事というのは、アクセスが増えることで収益化に繋がるかどうかです。

例えば、「仮想通貨 取引所 おすすめ」というキーワードで上位表示させることができれば、成約に繋がりやすいため、リライトで順位が上がりそうなら優先して取り組むべきものです。

逆に、上位表示させる価値があまりないものは、上位表示しても収益化に繋がりづらいキーワードです。

「グーグルアナリティクス 使い方」といった、操作方法を知りたいだけのキーワードなどは直接的に収益に繋げることは難しいです。このキーワードを上位表示できたら、収益に繋がりやすいか考えて選ぶのがおすすめです。

ステップ2:リライトを行う

リライトの方法は順位によって変わってくるので、それぞれ解説をしていきます。

21~50位の記事をリライト

21~50位の記事は以下の点を改善していくと順位が上がる可能生があります。

・コンテンツの追加

コンテンツの追加

21~50位くらいであれば、シンプルにコンテンツの追加を行うと検索順位が上がる可能性は高いです。

コンテンツの追加をする時の注意点としては、文字数を単純に増やすというわけではなく、検索意図に沿ったコンテンツを追加しなければならないということです。

例えば、この記事では以下のような検索意図を想定して記事を書いています。

・ブログ記事をリライトするタイミングを知りたい
・リライトする意味や効果が知りたい
・リライトする時の具体的なやり方が知りたい
・リライトの注意点を知りたい

もし、ブログ記事をリライトするタイミングはいつかだけを解説している内容なのであれば、具体的なやり方だったり、注意点などのユーザーのニーズのあるコンテンツも加えると良いです。

ステップ3:リライト後の順位チェック

リライトをした後は、順位がその後どう変化するのかチェックをしましょう。

リライトをしたことで順位が上がるなら、成功と言えます。

ただし、注意点としてはリライトをしたからとってすぐに順位が上がるわけではありません。インデックスがされてから1ヶ月ほどかかって順位に反映されることが多いため、焦らず気長に待ちましょう。

また、1度のリライトでは上位表示ができず、リライトを繰り返すことで、上位表示を狙う場合もあります。

例えば、順位を見ながらリライトを何度か行い、場合によっては何か月かかけて上位表示を狙うこともあります。

1ヶ月目:圏外
2ヶ月目:78位
3ヶ月目:28位←このタイミングでリライト
4ヶ月目:28位前後
5ヶ月目:15位←このタイミングで再度リライト
6ヶ月目:3位

このように、リライトをした後の効果検証を行い、最終的に上位表示を目指せるように改善をしていきましょう。

リライトの効果はいつ出る?

リライトした後、通常はすぐに効果が出るわけではなく、一定期間過ぎてから順位に反映されていきます。

それが、2週間なのか1か月なのかは場合によって変わるので、リライト後いつ効果が出てくるのか明確な時期は分かりません。そのため、毎日検索順位をチェックして効果が現れるのを待ちましょう。

リライトする時の注意点

最終に、いくつかリライトをする時の注意点を解説します。

リライトした直後は順位が下がることもある

リライトをした場合、一時的に順位が下がることがあります。

SEOの特徴として、順位が上がったり下がったりを繰り返すことが多いので、順位が下がってしまっても正しくリライトが出来ていれば問題はありません。

ただ、以前よりも質の悪い記事にしてしまうと、評価が下がり順位が下がる可能性はあるため、しっかりと意味のあるリライトを行いましょう。

SNSでアクセスが増えたらリライトを行おう

今はSEOだけでなく、TwitterなどのSNS経由でアクセスが伸びることもあります。

検索順位はまだまだ低いけど、SNSを通じて記事のアクセスが増えている場合は、その記事をリライトしてクオリティは高めた方がよいです。

読者がいるのに記事の品質が悪いとリピーターを逃すことになります。また、マネタイズができそうなのであれば、リライトで導線を作るなどしてメンテナンスをしておくのが良いでしょう。

読者のニーズに沿った内容を充実させることで滞在時間が伸び、検索順位アップにも繋がります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる